読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

26時のメトロポリス

テレビやレディオのお話

カズレーザーすごいなーっていう話

ロンハーを見ててしみじみとすごいなーって思ったのが、カズレーザーがすでに有吉や大吉先生と同じポジションで仕事をしていることである。

彼がM-1グランプリ2015の決勝に進出し、テレビに出始めてからまだ1年ちょっと。ものすごい上り詰め方である。

「頭ひとつ抜けた」とかいうレベルではない。彼はいわゆる「旬の芸人」みたいな売れ方とは違い、文化人的な側面も持ち合わせたオールマイティな存在としてその地位を確立しつつある。いや、「確立した」と言い切ってしまってもいいだろう。

肉体は鍛え上げられており、体を張った仕事は難なくできる。場の空気に沿った的確なコメントができる。高学歴で読書家、クイズ番組では大活躍・・・。逆に何ができないんだって話である。

真っ赤なスーツに身を包み、バイセクシャルを公言するなど、わかりやすいキャラクター性やいじりしろもあり、性格も気さくで大らか、意地悪なドッキリには神対応。非の打ちどころがない。

芸能史レベルで考えてみても、カズレーザーほど全てを兼ね備えたタレントはほとんどいないだろう。パッと思いつく近いタレントでいうと武井壮がいるが、彼とカズを比較してみると、カズはやはり笑顔が素晴らしいことと、何より「人に説教しなさそう」というのが大きい。国民の自己肯定感が下がりきった現代において、「他人を変えようとしない」というのはとても大事なことだ。

カズレーザーが悩み相談を受ける番組においても、彼は誰に対しても否定も肯定もせず、「別にいいんじゃない?」「考えすぎじゃない?」という姿勢を貫いている。世の中のしくみ、人が悩みを抱く過程、それらすべてを把握した上での姿勢である。仏かよ。

聡明で、誠実で、面白い。カズレーザーは魅力しかない男である。

みんなが、カズレーザーを求めている。

なにしろ彼の周りには、Wi-Fiが飛んでいるのだから。

パスピエのPVいいよねっていう話

最近youtubeパスピエのPV見返してたら、1月発売のニューアルバムに全PVが付いてくるという一報が・・・。タイミング悪し!

 

初期PVのナンバーガールをオマージュした作風が良いんですよね。映像の最後に「新日本現代映画」とクレジットされてても違和感ないレベル。

 

パスピエ 電波ジャック

youtu.be

 

パスピエ 脳内戦争

youtu.be

 

ナンバーガール 透明少女

youtu.be

 

あと関係ないけど星野源ナンバガ愛がすごい

youtu.be

これも関係ないけど、透明少女のPVのコメント欄に「いま高2だけど、これ聴いて高1の夏休みに戻りたいって思った」とか書いてる奴がいて、ふざけるな!30代の戻りたさをナメるんじゃねえ!と思いました。

 

えー話を戻して、パスピエPVで一番ステキなのはやはりこれ

 

贅沢ないいわけ

youtu.be

そもそも曲がステキなんだけど、随所にかわいいアイデアが散りばめられていて、暖かい気持ちになりますね。

 

一番エロいのはもちろんこれ!

 

つくり囃子

youtu.be

エロすぎるでしょこれ・・・。なつきちゃんをそういう目で見たことがなかったからマジでドキッとしましたよ。数ある学校モチーフのPVの中でもなかなかの完成度じゃないでしょうか。そういや仮面もどことなくナンバガ感あるよね。

f:id:usagiboy:20161126110752j:plain

 

最後に僕が一番パスピエっぽいと思うPVを載せてお別れです。アルバム楽しみですね。

 

フィーバー

youtu.be

 

若きラジオリスナーに告ぐ。ネタメールのススメ

くりぃむしちゅーのオールナイトニッポンが7年半ぶりに復活する。僕のラジオリスナーとしての最初の番組である。今でこそいくつかの番組を楽しく聴かせてもらっているが、2008年末にくりぃむANNが終了した後、ほかの番組も聴いてみたりしたけど全然物足りなくて、数年間くりぃむANNだけを繰り返し聴いていた。ラジオ童貞がいきなり堀北真希レベルの番組と一夜を共にしたら、そりゃそうなる。

ハガキやメールを送ろうとは思わなかった。生放送をリアルタイムで聴いていなかったし、何より「聴く」ことに集中したかった。学生時代、漫才の台本を書いてはmixiにアップし、仲間内で面白いと言ってもらって自分の笑いのセンスを過信していたから、ネタハガキを何通か送れば1通くらいは読まれるだろうと思っていた。でも読まれなかった時に傷つくのが怖いし、こんなに面白いラジオを、自分のネタが読まれるかなーどうかなーとハラハラしながら聴くのがイヤだった。そのまま番組が終わってしまっても、ハガキやメールを送らなかったことに特に後悔はなかった。

そして7年半の月日が経ち、くりぃむANNが一夜限りの復活をするというニュースが飛び込んでくる。いくつかのコーナーもやるという。うそだろ。夢か。これは夢なのか。急に生きる気力が湧いてきた(別に死にたかったわけではないが)。そんなふうにひとしきり興奮した後、僕の心に湧いてきた感情は意外なものだった。



「ネタ送らなきゃ!!」



このとき初めて、僕は7年半前の自分の感情にウソがあったことに気付いた。

僕はネタを送らなかったことを、本当は後悔していたのである。

本当は有田や上田にネタを読んでもらって、笑ってもらいたかった。名だたるハガキ職人と肩を並べて、ガッテンで戦いたかった。

そして今、僕の中の亡霊を成仏させる、一夜限りの、一発勝負のチャンスが訪れた。今しかねえ。今しかねえぞ!よ〜し!やったるぞ〜!!
・・・。
・・・・・・。



・・・何も思いつかなかった。



僕はいま33歳である。これまで散々貪ってきた音楽やマンガや雑誌が、30歳を境にぱたりと関心が薄れ、家にあったたくさんのCDやDVDや書籍の断捨離をすすめた結果、全コンテンツが小さめの本棚ひとつに収まってしまうくらいになった。ものが少なくなっていくにつれ、僕の中のクリエイティビティもみるみる減っていった。そういうもんなんである。そういうもんだということを、10代20代の僕は想像もつかないのである。どんなに才能のあるミュージシャンも、1年に1枚のペースでアルバムを出せるのはせいぜい最初の5年なのである。僕の全盛期は、とっくに終わっていたのだ。全盛期など最初からないのだが、とにかく終わっているのである。


いいかい、学生のラジオリスナー諸君。
君たちは全盛期の自覚がないかもしれないが、人生の何がうまくいかなくても、それは全盛期なんだ。無鉄砲になんでもやれ。やらない後悔よりやる後悔を選べ。読まれるまでネタ送れ。「ネタメール送りたいけど他の職人さんのレベルが高すぎて自分なんか読まれるわけない」とかくだらんことを思ってる間に今すぐ送れ。ネタがあるうちに、思い付くうちに、お前のクリエイティビティが枯渇する前に、今送れ。加齢という癌が進行して手遅れになる前に、今、すぐにだ。三四郎ANNのバチボコのコーナーに送れ。たぶんすぐ読まれっから。

有田哲平と脱力タイムズ

開始当初の脱力タイムズについて自分は「あれもこれも詰め込んだおもてなし番組」と言っていたのだが、今や他の追随を許さない、ぶっちぎりの「変な番組」である。最初の頃はいわゆるF1層へのアプローチもあったが、それを断ち切って以降、この番組はもう誰に対してでもなく、面白いと思ったものをただやるという尖った若手芸人みたいなスタンスで突き進んできた。


この番組を面白いと思うかはもちろん人それぞれだが、少なくとも言えるのは、こんな番組は今まで見たことがないということと、脱力タイムズこそ有田哲平の真骨頂だということだ。番組の構成はどんどん変わっていくが、それは有田がやりやすいように変えていっているのだろう。結果、「脱力タイムズ」と「有田哲平」がどんどんイコールに近づいていき、おふざけ満載なのに何か独特の雰囲気を纏った番組が出来上がる。

思えば『特典映像』や『有田哲平の世界一オモシロい番組』も、おふざけ満載にも関わらずどこか不思議な雰囲気を醸し出しており、有田以外にはできない独特な手法で笑いが作られているが、報道番組という体のフェイクドキュメンタリーという意味では、脱力タイムズはこれらの作品の延長線上にある番組と言える。中川家礼二が頻繁に登場するのも、このフェイクドキュメンタリーの手法にマッチする最高の演者だからである。

スタッフの大喜利力にも舌を巻く。その日のテーマに対してどれだけふざけられるかに命を賭けているのがわかる。有田ありきの番組だが有田に寄り掛かっておらず、むしろ「有田を笑わせたら勝ち」という意気込みで番組を作っているように感じる。MCとスタッフの関係性としては実に理想的である。

ゲスト芸人がみんな収録終わりに「なんだこの番組」「変な番組」と口を揃える。視聴者と同じ感想である。しかしこの変な笑いは他の番組では替えのきかないものであり、一度クセになってしまったが最後、もう抜け出せなくなっているのである。