読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

26時のメトロポリス

テレビやレディオのお話

カズレーザーすごいなーっていう話

ロンハーを見ててしみじみとすごいなーって思ったのが、カズレーザーがすでに有吉や大吉先生と同じポジションで仕事をしていることである。

彼がM-1グランプリ2015の決勝に進出し、テレビに出始めてからまだ1年ちょっと。ものすごい上り詰め方である。

「頭ひとつ抜けた」とかいうレベルではない。彼はいわゆる「旬の芸人」みたいな売れ方とは違い、文化人的な側面も持ち合わせたオールマイティな存在としてその地位を確立しつつある。いや、「確立した」と言い切ってしまってもいいだろう。

肉体は鍛え上げられており、体を張った仕事は難なくできる。場の空気に沿った的確なコメントができる。高学歴で読書家、クイズ番組では大活躍・・・。逆に何ができないんだって話である。

真っ赤なスーツに身を包み、バイセクシャルを公言するなど、わかりやすいキャラクター性やいじりしろもあり、性格も気さくで大らか、意地悪なドッキリには神対応。非の打ちどころがない。

芸能史レベルで考えてみても、カズレーザーほど全てを兼ね備えたタレントはほとんどいないだろう。パッと思いつく近いタレントでいうと武井壮がいるが、彼とカズを比較してみると、カズはやはり笑顔が素晴らしいことと、何より「人に説教しなさそう」というのが大きい。国民の自己肯定感が下がりきった現代において、「他人を変えようとしない」というのはとても大事なことだ。

カズレーザーが悩み相談を受ける番組においても、彼は誰に対しても否定も肯定もせず、「別にいいんじゃない?」「考えすぎじゃない?」という姿勢を貫いている。世の中のしくみ、人が悩みを抱く過程、それらすべてを把握した上での姿勢である。仏かよ。

聡明で、誠実で、面白い。カズレーザーは魅力しかない男である。

みんなが、カズレーザーを求めている。

なにしろ彼の周りには、Wi-Fiが飛んでいるのだから。